クスリの勉強とDIニュース

調剤薬局に勤務する薬剤師・ふな3が、勉強した医薬品や疾患の知識、DI情報などをまとめていきます。

ベゲタミン販売中止へ

   

塩野義製薬から販売されている、鎮静薬「ベゲタミン配合錠 A・B」が本年12月をもって販売中止となることが発表されました。

ベゲタミンは抗精神病薬であるクロルプロマジン、鎮静作用を持つ抗ヒスタミン剤であるプロメタジン、バルビツール酸系睡眠薬であるフェノバルビタールの3種の配合剤で、統合失調症や極度の心身症を伴う不眠症などに用いられてきました。

一方で、フェノバルビタールによる依存形成があり、中止時に反跳性不眠・興奮・不安の発現が問題になっていました。
また薬物乱用防止の観点から、日本精神神経学会が販売中止の要請行なっていたため、塩野義は今回の販売中止の対応となったようです。

代替薬としては、
・プロメタジン:コントミン、ウィンタミン
・プロメタジン:ヒルベナ
・フェノバルビタール:フェノバール散
などがあります。

発売中止まで約6ヶ月ありますので、服用中の患者さんは、主治医の先生とよく相談しながら、減薬・変薬を計画的に行なっていく必要があると思われます。

 - 中枢神経, 販売中止等 , , , , , , , , , ,

Adsense(336×280)

Adsense(336×280)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ビソルボンシロップ販売中止のお知らせ

日本ベーリンガーインゲルハイムから発売されている、気道粘液溶解剤「ビソルボンシロ …

エリミン錠販売中止へ

不眠症治療剤「エリミン錠 3mg / 5mg」(成分名:ニメタゼパム、大日本住友 …

マドパー配合錠の着色変化

パーキンソン治療薬「マドパー配合錠」(レボドパ+DDC阻害薬、中外製薬)は、アル …

カルビドパ配合剤とベンセラジド配合剤によるレボドパの体内動態の違い

パーキンソン治療に用いられるレボドパ+脱炭酸酵素(Dopa-DeCarboxyl …

パキシルCRでゴーストピルは出るのか?

抗うつ薬・パキシルの徐放性製剤、パキシルCR(成分名:パロキセチン、グラクソ・ス …