クスリの勉強とDIニュース

調剤薬局に勤務する薬剤師・ふな3が、勉強した医薬品や疾患の知識、DI情報などをまとめていきます。

マドパー配合錠の着色変化

   

パーキンソン治療薬「マドパー配合錠」(レボドパ+DDC阻害薬、中外製薬)は、アルカリ性製剤との一包化により着色変化があるため、一包化の際注意が必要です。

マドパー配合錠・添付文書には

適用上の注意
2. 調剤時
アルカリ性薬剤との調剤(一包化)により、着色変化を起こすことがあるので注意すること。

との記載があり、インタビューフォームには

6.他剤との配合変化(物理化学的変化)
 レボドパ
 30℃ 92%RH で、スルピリン、ミグレニン、安息香酸ナトリウムカフェイン、ジアスターゼ、パンクレ
 アチン、酸化マグネシウム、アスコルビン酸含有製剤などとの配合は湿潤や着色のため不適であり、アル
 カリや還元剤によって分解されるので、消化器用剤、ビタミン剤などとの配合には注意する。

 ベンセラジド塩酸塩
 アミノフィリン等のアルカリ性薬剤

との記載があります。

さて、では実際には、着色変化を起こすアルカリ性製剤としてはどんなものがあるのでしょうか?
中外製薬株式会社・医薬情報センターに問い合わせたところ、次のような医薬品との一包化で着色変化が見られたとの回答をいただきました。

 ・酸化マグネシウム(マグラックス(吉田)、マグミット(協和化学) 他)
 ・ニザチジン(アシノン(ゼリア新薬))
 ・ウルソデオキシコール酸(ウルソ(田辺三菱))
 ・クラリスロマイシン(クラリス(大正富山)、クラリシッド(アボット))
 ・モンテルカストナトリウム(シングレア(MSD)、キプレス(杏林))
 ・ウラリット配合錠(クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム(ケミファ))
 ・アミノフィリン(ネオフィリン(エーザイ)

また、変色する理由として
 1.レボドパの分解物であるメラニンが増加して黒色化すること
 2.DCIであるベンセラジドの分解物が黒色であること
が考えられるとのことです。

同様のレボドパ/ベンセラジド製剤であるイーシー・ドパール(協和発酵キリン)、ネオドパゾール(第一三共)や、レボドパ/カルビドパ製剤(メネシット(MSD)、ネオドパストン(第一三共))、スタレボ(ノバルティス)などでも、同様の変化が起こる可能性があるので注意が必要です。

 - DI情報, 中枢神経 , , , , , , , , , , , , , , ,

Adsense(336×280)

Adsense(336×280)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ベゲタミン販売中止へ

塩野義製薬から販売されている、鎮静薬「ベゲタミン配合錠 A・B」が本年12月をも …

コセンティクス、タルツ、ルミセフの違い

2016年8月、抗IL-17A関連乾癬治療薬、タルツとルミセフが薬価収載されます …

レメロン・リフレックスのシートサイズが変更に

ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ剤(NaSSA)、レメロン(MSD)・リ …

ラックビー黒斑点
ラックビーの黒い斑点

整腸剤・ラックビー錠(興和)の錠剤の表面に、黒い斑点が見られることがあります。 …

ザルティア処方の際の注意

前立腺肥大症治療薬・ザルティア(タダラフィル、日本新薬)については、タダラフィル …

ワントラム錠 ~トラマールCap/ODの徐放錠~

持続性がん疼痛・慢性疼痛治療剤「ワントラム錠100mg」が本日、6月2日発売とな …

パキシルCRでゴーストピルは出るのか?

抗うつ薬・パキシルの徐放性製剤、パキシルCR(成分名:パロキセチン、グラクソ・ス …

ヒルドイドローションの保管・使用上の注意

血行促進・皮膚保湿剤「ヒルドイドローション0.3%」(ヘパリン類似物質、マルホ) …

カルビドパ配合剤とベンセラジド配合剤によるレボドパの体内動態の違い

パーキンソン治療に用いられるレボドパ+脱炭酸酵素(Dopa-DeCarboxyl …